【アトピー性皮膚炎】ゴム手袋で手の湿疹が悪化

スポンサーリンク
アトピー アトピー

こんにちは

どりーむです。

 

これは2020年8月6日の時の私の手の写真です。

アトピー性皮膚炎でこれまであらゆるところに湿疹が出ましたが、上の写真で見て取れるように赤く腫れあがったような湿疹が出たのはなかなかありませんでした。

私のアトピー歴はこちらのページで詳しくご紹介していますので、ご興味ある方はぜひチェックしみてみください。

【アトピー歴】 アトピーで生き方が変わる

 

知り合いの方にも「火傷したの?大丈夫?」と聞かれ、火傷と間違われるような腫れ具合でした。

 

スポンサーリンク

原因はゴム手袋

 

その頃成城石井で勤めていて、コロナウイルスが広がった為手袋をして接客をしなければいけませんでした。

長時間の手袋で手が蒸れ、肌内部に熱がこもった状態になってしまったのです。

やがて腕にも湿疹がではじめました。

もともと湿疹が出やすい部位だったのもありますが、手袋の影響でいつもと違う湿疹が出たのは明らかでした。

 

湿疹が影響で 成城石井 1ヵ月で退職

コロナウイルスが流行する前は新宿駅でアルバイトをしていたのですが、コロナの影響でシフトに入れず近場の成城石井に勤め始めました。

レジ部門だったのですが、そこでは手袋をして接客をしなければいけませんでした。

当初は、希望するシフトで働けたり自宅からのアクセスが良かったので続けようと思っていたのですが、シフトに入るたびに手の湿疹が悪化していったので他の仕事を探し始めました。

また怖いお局様が何人かいて(経験上スーパーではあるある)、人間関係が少し面倒だな・・と感じていたので手の湿疹を理由に退職を決めました(笑)

働き始めてすぐでもあり、急な退職連絡になった為嫌味を言われるかなと思っていたのですが、上司の方が「皮膚疾患だったらしょうがないね。」とすぐ受け入れてくれたので良かったです。

普段行っている対策

高校の時、セブンイレブンでアルバイトをしていた時も、洗い物をする作業があり、その時も手荒れが悪化したなと思い出しました。

仕事関係なく、日常暮していて肌に影響を与えやすいことはいろいろあると思います。

 

極力避けたいこと

  1. ゴム手袋
  2. 洗い物作業
  3. 頻度が多めのアルコール消毒

 

ゴム手袋は避けようと思えば避けることは可能ですが、洗い物作業やこの時期のアルコール消毒を避けることはなかなか厳しいと思います。
そこで悪化を防ぐために実践していることをご紹介します

 

Ⅱ.洗い物作業

私の場合、手袋をして荒れることが分かったので洗い物作業をする際ハンドクリームを塗って十分に保湿した後にワセリンを塗って洗い物をするようにしています。

そうするとワセリンで水をはじくのか悪化を防ぐことができました。

また洗剤もなるべく肌に負担がかからないものを使ったり、洗い物終了後も必ず保湿をするようにしています。

また

これはIKEAで購入したのですが、欧米では食器をスポンジで洗わずブラシで洗うところが多いみたいで、極力水仕事を避けたい私にはピッタリの商品です。

これなら手が水に触れる時間が短くなりますし、意外と頑固な汚れを落とせたりと洗浄力も抜群

 

またお米を洗うのも私にとってはきつい作業です。

無洗米を使うのもひとつの手ですが、コストも高くなり私は普通のお米派なのでいつも普通のお米を使って炊いています。

これは100円ショップで購入したものです。

手を使わずにお米を研ぐことができるのでおススメです。

寒い冬に特にとっておきの商品ですので、100円ショップで見かけた方は是非チェックしてみてください!

 

Ⅲ.アルコール消毒

この時期に、アルコール消毒を避けることはなかなか難しいと思います。

アルコール消毒は主に、液体・ジェル・泡のタイプがあります

敏感肌の方はジェルタイプの方が濃度が低くオススメなので、私は手ピカジェルを持ち歩くようにしています。

【 在庫あり 毎日あす楽 送料無料 】 指定医薬部外品 手ピカジェル 60ml 携帯用 消毒

価格:980円
(2020/10/29 17:27時点)
感想(0件)

 

手ピカジェルはスッと肌に馴染んでいく感覚があるので使いやすいので、敏感肌の方や小さいお子様にもおすすめです。

 

まとめ

日常生活で水仕事や今の時期アルコール消毒など極力避けたい行動はありますが、自分が苦にならない程度で対策をすると徐々に自分の肌が何をしたら悪化をして、どう対策すると悪化を防ぐことができるか自分の肌についてもっと知ることができます。

私の場合手袋が顕著に悪化したことが分かったので、すぐに控えるように動きました。

皮膚疾患はなかなか理解が得られなかったりすることが多々あると思います。

 

私の経験上では、たかが皮膚疾患で…と思われることも少なくありませんでした。

ですが、自分のストレスを少しでも軽減する為には皮膚が悪化する作業を省くことは大切だと思います。

たとえ、周りから嫌味を言われたとしても、肌が悪化をしていくことが自分のストレスになる場合、違うことに挑戦してみるのもアリかなと思います。

 

皮膚疾患があり、家事をやられる方や美容師や医療関係者など水仕事や手袋をしたりと、肌に負担のかかるお仕事をしている方は本当にお辛いと思います。

自分の無理のない範囲で対策をしたり、他の方法を考えたりとどうにか共存してストレスなく生活を送れるか一緒に考えていけたら嬉しいです。

 

これからもお役に立てるような情報をお届けできたらいいなと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました