【写真アリ】歯科矯正ブログ① 裏側矯正の費用/期間/痛み/滑舌などリアル体験談

スポンサーリンク
美容

こんにちは

どりーむです

今回は私が歯科矯正を行った時の体験談をご紹介します!

スポンサーリンク

コンプレックスの塊だった幼少期・学生時代

歯並び以外にも私は幼いころからコンプレックスがたくさんありました

  1. 歯並びの悪さ
  2. アトピー
  3. 毛が濃い →現在医療脱毛に通っています
  4. 多汗症・腋臭 →ミラドライという施術をしました
    ミラドライ① 【体験談】リアルな感想 効果微妙?
    季節関係なく汗っかきで腋臭が原因で悩みが多い私が今回【ミラドライ】を受けてみました。 効果を含めリアルな感想をご紹介します。
  5. 勉強や運動が全くできない

 

数えるときりがないくらい、当時は外見を気にしてばかりいてその度に自分のコンプレックスに対して落ち込んでばかりいました

今考えると他のことに焦点を当てれば自分の良さはたくさんあるのに、なぜコンプレックスばかりに焦点を当てていたんだろうと疑問に思います(;’∀’)

歯並びが悪いことで、笑うことが恥ずかしくなった

自分のコンプレックスの中でも、歯並びが悪いのは比較的いちばん気になっていたことでした

こちらが歯並びが悪かった時の実際の写真です

ゴタゴタな歯並びに目立つ八重歯…

この歯並びで、口を開けて笑うことが恥ずかしくなり、いつも口を手で隠す癖がついてしまいました

歯並びを直すには矯正の方法が一番ですが
私が小学・中学校の時は、矯正代を捻出するほどのお金が無かったので、矯正をやりたいと思ってても、現実的に考えられる状況ではありませんでした

当時はお風呂で歯を押しながら「この前歯を押したらひっこまないかな~」と思ったりしながら一生懸命、手で歯を押していました

手で押して歯が動いたらそれはそれで恐怖ですが…(;’∀’)

それくらい自分の歯並びの悪さが嫌でした

裏側矯正することを決意

高校に入りアルバイトをするようになり、何度も親に相談をして、ついに高校1年生の冬に矯正を始めることになりました!

どりーむ
どりーむ

歯科矯正ができると決まった時は、本当に嬉しかったなぁ~

厳密にいうと高校1年の冬に矯正クリニックにカウンセリングを受けに行き、治療を開始したのは高校2年の春です

初回のカウンセリングで自分の歯の検査をもとに矯正の説明をされ、契約をし、そこから実際に矯正器具をつけるまで約2~3ヵ月かかりました

裏側矯正の場合は表側矯正より難易度が高く、器具も自分の症状に合ったものを特注するので、実際に装着するまで時間がかかるみたいです

カウンセリングで確認すべきこと

歯科矯正をする時の流れは

カウンセリング・検査→契約→虫歯や歯周病などのチェック→矯正治療→リテーナー(後戻りしないための期間)

大体このように進んでいきますが、カウンセリングではおもに下記のことを聞いておくことをオススメします!

・クリニックの矯正方法(表側矯正や裏側矯正など)
・矯正の期間
(矯正方法の種類や期間のリンク)
・通院の頻度→リテーナー(ワイヤー矯正が終了した後、固定するために着けるマウスピース)の装着期間も聞いておく
・抜歯の有無→医者によって抜歯を勧めるクリニックと、あくまでも抜歯をせずに治療を行っていくクリニックがあるので、色んなところのクリニックにカウンセリングに行き、納得した方法で治療を行うことをオススメします

・自分の希望する最終的な歯並びがどのようになるか→私が通ったクリニックでは3D映像や歯形を取って完成形を見せてくれたりと、最終的なイメージを具体的に可視化してくれたので、安心できました

どりーむ
どりーむ

私はもともと下の歯が2本足りなかったので、

嚙み合わせ調整の為、上の歯を2本抜歯しました

私は目立たない矯正を希望していたので、裏側矯正専門クリニックとマウスピース矯正専門クリニックの2つのカウンセリングに行き、それぞれのクリニックの雰囲気や矯正の費用・期間を比較して、最終的に裏側矯正専門クリニックで裏側矯正を行うことになりました

私が行ったクリニックは比較的新しくできたところでもあり、とても奇麗なところでした

また受付の方や歯科医がとても親切だったので緊張が一気に和らぎました

そこのクリニックは、グループ展開していて多くの症例を持ち、医院長が日本矯正歯科学会臨床指導医(旧専門医)という難易度の高い資格を取得しているので信頼することができました

私は2つのクリニックしか行かなかったのですが、平均3~4つのクリニックのカウンセリングに行くともっとクリニックの比較ができて良い判断ができるかもしれません

また、一般歯科と矯正専門歯科があるので、どちらもカウンセリングに行くことをオススメします

私は矯正専門歯科だけで探して、後から困ったこともあったので、両方の歯科を比較することも重要です

検査

私が選んだクリニックでは検査代が通常35,000円なのですが、カウンセリングを受けた当日だと1万円で受けられると言われたので、それならお得だと思い、カウンセリングの流れで検査を受けることになりました

検査内容は
①写真撮影

口腔写真と前・横から撮った全体を撮影してくれます

②レントゲン撮影

この写真をもとに矯正歯科医が、顎の骨と歯・頭がい骨と顔面のバランス・顔のタイプの判定など総合的な症状の分析がをしていきます

③歯形模型の採取
かみ合わせのチェック

④歯の虫歯や歯周病がないかどうかチェック

これらのことをおもに検査しました

この検査をもとにもっと詳しい流れを説明してくれます

検査をして改めて自分の歯並びの写真や模型を見ると、やはり早く矯正をしたいと実感しました

裏側矯正の費用

そして実際にかかった費用ですが

私は裏側矯正だったので、表側矯正に比べると高くなります

裏側矯正 129万2千→124万2千税込み (学生割引5万の為)

裏側矯正は大体このくらいの価格が平均だと思います

それにしても矯正は高い…

ですが、これらの費用は、矯正中にかかる毎回のメンテナンス料なども含まれた料金です

中には、毎月のメンテナンス料として毎月5千円~かかるクリニックもあるので、注意してください

矯正の流れ【実際の写真アリ】 痛み/滑舌

そして私が大体裏側矯正でかかった期間ですが、約2年で終了しました(ワイヤーを装着している期間)

もちろんワイヤー矯正が終わって歯を固定するリテーナー期間は含まれていません

私の場合、本来留学を予定していたので、短期間での治療でしたが通院に行ける頻度によって期間は変わります

 

そして私の場合は下の歯が2本足りなかったので、上の歯を2本抜歯してから矯正を行いました

抜歯をした直後や矯正器具をつけた最初の方は痛みが強く、食事もスープやうどんなど柔らかいものから食べていき、少しずつ馴らすような感じでした

通院の頻度は1ヵ月に1回が平均的なペースで、病院に行くとワイヤーをきつくしたりするので、通院後に何か物を噛むごとに、歯の全体にジーンと響くような鈍痛が襲ってきました

なので通院後2,3日は食べ物に気をつけたりしていました

歯が痛むと食べられないものも増えたり、鈍痛が続いたりする期間があるので、最初はイライラしてしまったりすることがありました

特に矯正をしてから半年間は大きく歯が動くので、それに伴って痛みが大きくなります

ただ、歯が動いていると実感できるので嬉しかったです

半年間でこのくらい大きく変わります

どりーむ
どりーむ

八重歯のところにポチっと透明なボタンがあるのは、ゴムかけをして歯を動かすためです。

最初は目立つのかなと思ったのですが、周りから指摘されたことは1回もありませんでした。

滑舌も最初はサ行・タ行・ハ行が特に言いづらく苦労しました

ですが、矯正を始めてから私の場合は1,2週間でだんだん慣れていき滑舌も問題なくなりました

裏側矯正は最初は違和感を感じますが、徐々に慣れていくので滑舌などの問題はそこまで気にしなくて大丈夫かなと思います

ただ矯正中は口内炎や虫歯ができやすくなるので、歯磨きは丁寧に行ってください!

矯正で大きく変わる

私自身、歯科矯正をした後は口を開けて笑う機会が多くなりました

また、歯科矯正をする前は口を開けたら顎がカクッと音が鳴っていたのですが、歯科矯正後は音がしなくなり嚙み合わせが良くなりました

以前は虫歯になることが多く、学校の歯科検診では毎回C判定(病院に行った方が良い)と言われていたのが、虫歯になることが減り、歯磨きもしやすくなりました

そしていちばん変わったのは、自分に自信を持つことができたのが大きかったです

いちばん最初にもご説明したように、私はコンプレックスが多く落ち込んでばかりいましたが、

笑う機会が増え、徐々に自分に自信を持つことが出来ました

矯正は痛みや不快感が最初は感じるかもしれませんが、矯正をやることで全然違うので、お金や時間に余裕ができた時ぜひ検討してみてください!

この記事が皆さんのお役に立てれば嬉しいです(*´ω`)

コメント

タイトルとURLをコピーしました